レジーナクリニック 薬事承認取得ピコレーザー

VIO脱毛のメリット・デメリットは?永久脱毛が痛くないクリニックは?【医療脱毛】

2021.03.23医療脱毛・脱毛

VIO脱毛してみたいけど、痛そう..でも絶対やりたい〜って考え中の方も多いと思います。(私もそうなので分かる☺️)

しかも、どうせVIOをやるなら痛くないクリニックがいいな〜って思いますよね。(お金も払うしね。)

VIOの部分の毛は毛根が深い・皮膚が薄いっていうのはありますが、VIOの部分を脱毛する人はすごく多いです。

VIOっていうと気恥ずかしい感じる方も多いと思いますが、清潔感は増すし、気分が変わるんですよね!

VIOの永久脱毛が痛くないクリニックはどこ?って知りたい方も多いと思いますので、クリニックのご紹介とVIO脱毛のメリット・デメリットをお話していこうと思います!

それでは、行ってみよーーう!

全身脱毛3回3,000円
>>まずは無料カウセリングはこちら
 
 

レジーナクリニック 薬事承認取得ピコレーザー
 

VIO脱毛のメリット・デメリットは?永久脱毛が痛くないクリニックは?

VIO脱毛ってどの箇所を脱毛するの?

VIO脱毛ってよく聞くけど、具体的にどの箇所を脱毛するの?って気になりますよね。

VIOの箇所とは、Vラインビキニライン)・Iライン陰部の両側)・Oライン肛門周辺)のデリケートゾーンの箇所のことを言います。

この箇所の脱毛は、ハイジーナ脱毛デリケートゾーン脱毛と呼ばれるので聞いたことがある方も多いですよね。

この箇所の特徴は、毛根が深く、肌が弱いという特徴があるので、比較的レーザー脱毛の照射時に痛みを感じやすいと思います。

 

Vライン


引用元:https://musee-pla.com/column2/vio-form

Vラインは、股のデリケートゾーンの上部のあたりです。

図を見れば分かると思いますが、正面から見て三角形の部分のエリアをVラインと言います。

わかりやすいのが、下着や水着のビキニを着ている時にはみ出てしまうエリアなので、わかりやすいと思います。

VIOラインのVライン、Iライン、Oラインの中で比較的毛が濃く太い方で、肌荒れを起こしやすいところです。

脱毛クリニック等なら、自分の好みの形に合わせてもらえるので脱毛の箇所の中では人気です。

 

Iライン


引用元:https://musee-pla.com/column2/vio-form

Iラインは、Vラインの下の足の付け根の部分に沿ったエリアでお尻の手前までのエリアをIラインと言います。

私も自己処理していて難しく剃りにくいエリアなので、クリニック等での脱毛を利用することで、綺麗な状態を維持できますし、このエリアは蒸れやすく、生理中なんかはニオイがでやすく気になる女性も多いですよね。

クリニックでの脱毛を利用すれば、常に綺麗な状態でいられてより心地がいい感じを維持できるのでオススメです!

 

Oライン


引用元:https://musee-pla.com/column2/vio-form

Oラインは、お尻の穴のまわりのエリア(肛門を囲む部分)をOラインと言います。

このエリアを自分で自己処理しようとすると、かなり難しいエリアではありますよね。

自分でやってしまうと見えにくいので誤って切ってしまうので、クリニック等でやってもらうのをオススメします!

また、Oラインのエリアは排泄物等がつきやすかったり、清潔に保つのが難しいので、脱毛で綺麗にしておけば清潔にキープすることが可能になってオススメです!

注意が必要なのは、Oラインのエリアはお尻の全面的な部分の脱毛とは違うのでその箇所を脱毛したい場合はオプションになることもあると思うので、脱毛したい場合はクリニック等に尋ねてみてください。

 

VIOラインの脱毛期間は?何回で薄くなる?

アンダーヘアのエリアは太く濃い毛が密集している部位なので、脱毛期間は他の部位に比べると長くなります。

自己処理が不要なレベル ツルツルの状態
5回 8~10回

毛質や以前サロンで脱毛していた経験があるなどにより個人差はありますが、毛周期に合わせて自己処理が不要なレベルになるまでは5回ツルツルの状態にしたいという場合は8~10回の施術が必要です(あくまでも目安です)。

回数を重ねるにつれてアンダーヘアは薄くなり、痛みも軽減していきます。

 

生理中はVIO脱毛はできるの?

生理中は通常VIOの脱毛レーザーの照射ができません。

生理予定日と施術日が重なりそうな場合は、早めに予約を変更しておくといいでしょう。

 

VIO脱毛は照射後のケアが大事

VIOラインのエリアは、特に痛みに敏感な箇所なので、VIO脱毛をする場合は脱毛レーザー照射後のケアがすごく大事です。

VIOの脱毛を始めると決めたら、きちんとケアすることを徹底し、下着やトイレットペーパーによる肌の摩擦に気をつけたり、保湿してあげることでさらに効果を実感できます。

 

VIO脱毛のメリット・デメリットは?

VIO脱毛のメリット

自己処理をする必要がなくなる

ムダ毛の自己処理を行う場合カミソリやシェーバーを使う方が多いと思いますが、VIOラインを自己処理しようとすると見えにくくしかも慎重に行わなければいけないデリケートな場所なので、自分でアンダーヘアをキレイに剃ろうと思っても難しく自己処理に時間がかかっちゃいますよね。

VIOラインを早いうちに医療脱毛で永久脱毛をすればするほど、自己処理をしないといけない手間が無くなり、圧倒的に楽なので早めにされるのがオススメでお得です。

 

下着・水着を自由に選べる

VIO脱毛を完了すると、ムダ毛のはみ出しを気にする必要がなくなり、アンダーヘアが気になりやすいTバックなどの下着も気にせず着たりできます。

Vラインの上部やサイドの脱毛も可能なので、ムダ毛がはみ出なくなるので、リゾートやプールや海で水着を着るときに、思いっきり楽しむことができるというメリットがあります。

 

高齢になった時に清潔をキープできるので非常に楽

VIOラインを永久脱毛をした場合、実は大きいメリットとして言えるのが、アンダーヘアを常に清潔をキープできるということ!

VIOラインを脱毛できていないと、アンダーヘアに尿や便といった排泄物が付着しやすくなるという悲しい事実があります。

アンダーヘアが永久脱毛されることによって、いつも清潔をキープできるので、高齢になった時に介護されることになった時、介護される場合も介護する方も快適です。

 

VIO脱毛のデメリット

生理日には施術が行えない

VIO脱毛をされたい方に注意点としてあげるなら、生理中は脱毛レーザーの照射が受けられないということです。

生理中は、VIOラインの肌が敏感な状態になっているので、肌トラブルが生じやすいだけではなく、感染症を起こすリスクがあります。

生理予定日と施術日が重なりそうな場合は、早めに予約を変更しておくといいでしょう。

 

1度脱毛すると、元に戻せない

アンダーヘアを医療脱毛で永久脱毛したら、レーザーを照射した毛根から毛が生えてくるということがありません

なので、後から後悔しても前のような毛があった状態に戻すことはできないので、どんなデザインにするかは、しっかり考えられるといいでしょう。

 

VIOラインの脱毛はどの部分が痛い?痛みを少なくする方法は?

VIO脱毛といえば、このエリアの皮膚が薄くて太い毛が密集しているのもあってレーザーが反応しやすいので、他の箇所の脱毛と比べると痛みやすいのが特徴です。

中でも、VラインとIラインの中央のあたりが痛いって方が多いです。この辺りを照射している時が痛いって言えば想像つきやすいと思います。

 

痛みが少ないレーザー脱毛機器を使ってるクリニックを選ぶ

実は、この脱毛の痛みを少なくするには、痛みが少ないレーザー脱毛機器を採用しているクリニックを選ぶっていう方法があります。

同じVIOラインの脱毛でも、レーザー脱毛機器の仕組みによって痛みの感じ方が違うんですね。

(詳しくはこちらを参照ください👇)

最近出てきた、メディオスターNext PROソプラノアイス・プラチナムという蓄熱式のレーザーは、毛根のメラニン色素に反応するのではなく、熱をじっくりと蓄積させながら低い出力の照射を連射するので、痛みが少ないです。

痛みに弱かったり、痛みが気になる方はこの蓄熱式レーザーを導入しているクリニックを選ぶと、痛みが抑えられてオススメです。

 

麻酔クリームや笑気麻酔でも痛みを抑えられるよ

サロンと違って、美容クリニックなどの医療機関での脱毛でのいいところは、医師が常駐しているので麻酔が使えるというのも最大のメリットなんですね!

痛みが完全にゼロになるわけではないですが、痛みに弱い方や毛が太くて濃い箇所(VIOやヒゲなど)に照射する場合には麻酔を使うというのも、クリニックでは選択肢として用意されているので安心ですね🍀

実際、クリニックでレーザー脱毛する時に麻酔をする方は少ないのが現状です。

それは、脱毛レーザー機械に皮膚を冷やしながら照射して痛みをやらわげたり、吸引しながら照射したり、など痛みが軽減されるよう工夫がなされているからです。

 

麻酔クリーム

痛みをやわらげたい箇所にクリーム状の麻酔クリームを塗布する麻酔。

塗布してから30分経ってから効果が出てくるので、照射の予約をする場合早めに申し出てた方がいいです。

 

笑気麻酔


引用元:https://www.rizeclinic.com/stance/anesthesia.html

笑気ガスを鼻から吸うタイプの麻酔で、吸入用のマスクを装着すると30秒くらいでお酒に酔ったような感じで心地よくなるので、寝てしまう方も多いです。

 

痛みが気になる方は、クリニックの医師や看護師さんに麻酔のことを聞いてみられるといいですね🍀

 

痛みが少ない医療脱毛オススメのクリニック

というわけで、痛みが少ない医療脱毛レーザーの機械を採用しているクリニックを紹介していこうと思います!

クリニックによって脱毛の料金や特徴が異なるので、ご希望に合ったクリニックを選ぶ参考にしていただけると嬉しいです。

私が自信を持っておすすめできるクリニックはこちら🌱 (顔、ワキ、VIOなど部位別の料金も掲載しています。)

リゼクリニック

痛みが少ない蓄熱式レーザーや熱破壊式ダイオードレーザー(ヤグレーザーも)を導入していて、照射による肌トラブル時の完全無料保証もあって安心なリゼクリニックは、全国23店舗展開していて

東北は青森仙台郡山など、関東は大宮新宿銀座表参道町田横浜など、関西は大阪梅田、京都、神戸など、名古屋広島福岡天神沖縄にあり、駅近にあるからお近くから通いやすい。

  • 初めての方のための「トライアルプラン」導入しています(実施院は限定)
  • キャンセル料や剃毛料などは全て無料
  • 学生の方なら、お得な学割20%OFFも実施中!
  • 必ず「ドクター」が無料でカウンセリングを行います。
  • 3種類の脱毛器を駆使し、患者様の肌や毛質に合わせた照射が可能
  • 照射による肌トラブル時も完全無料保証あり
ワキ脱毛料金 18,800円(税抜)20,680円(税込)/5回
VIO脱毛料金 92,800円(税抜)102,080円(税込)/5回
全身脱毛料金
(顔・VIOを除く)
248,000円(税抜)272,800円(税込)/5回

脱毛レーザー機械の種類 メディオスターNeXT PRO(蓄熱式ダイオードレーザー:痛みが少ない)

ジェントルヤグプロ(ヤグレーザー)

ライトシェア デュエット(熱破壊式ダイオードレーザー:痛みが少ない)

営業時間 院によって違うので要確認
人気の理由 より高い効果が得られるように、3種類の脱毛器を駆使して、患者様の肌や毛質に合わせた照射ができます。

女性スタッフと医師によるWカウンセリングを受けられます。

照射による肌トラブル時も完全無料保証あり!増毛化・硬毛化の症状にも対応しています。
無料カウンセリング予約 https://www.rizeclinic.com/

\無料カウンセリング予約はこちら/

リゼクリニックの公式サイトへ

フレイアクリニック

痛みが少ない蓄熱式レーザーを導入していて、全身脱毛がたったの月額5,940円(税込)で受けられるフレイアクリニックは、全国10店舗展開していて

札幌新宿銀座表参道上野横浜大阪梅田名古屋福岡天神沖縄にあり、駅近にあるからお近くから通いやすい。

  • 医療脱毛で全身脱毛がたったの月額5,940円(税込)円で受けられる、通いやすく続けやすい!
  • 急な生理や体調不良など、当日キャンセルしてもキャンセル料は無料(当日キャンセルは1回まで。2回目以降は回数消化)
  • 女性専用完全個室なので、プライバシーなど守られて安心。
  • レーザー機器のテスト照射は無料
  • 駅近にある&平日は21時まで診療しているので通いやすい
  • 独自の予約システムによりスムーズに次回のご予約が可能!
  • シェービング代、キャンセル料、アフターケアクリーム代、無料!
ワキ脱毛料金 11,000円(税抜)12,100円(税込)/5回
VIO脱毛料金 85,000円(税抜)93,500円(税込)/5回
全身脱毛料金
(顔・VIOを除く)
158,000円(税抜)173,800円(税込)/5回

脱毛レーザー機械の種類 メディオスターNeXT PRO(蓄熱式ダイオードレーザー:痛みが少ない)
営業時間 月曜~金曜 12:00~21:00
土曜、日曜、祝日11:00~20:00
🌟 休診日:なし(年末年始、臨時休業日を除く)
人気の理由 痛みの少ない蓄熱式レーザー脱毛の機械を導入しているので、日焼けした肌や褐色肌の方でも施術が可能。

全身脱毛が173,800円(税込)、最短8カ月で脱毛完了可能!で人気のクリニック🌟

顔やVIOの部位別コースもあり、気になる部位のみの脱毛も可能で、アレンジできる。

無料カウンセリング予約 https://frey-a.jp

\無料カウンセリングでテスト照射もできちゃう/

フレイアクリニックの公式サイトへ

 

最後に

痛みが少なければ脱毛効果が低いというわけではなく、蓄熱式の脱毛レーザーの機械ですと、毛根のメラニン色素に反応するのではなく熱をじっくりと蓄積させながら毛の成長を抑制する仕組みで、

一回に伝わる熱が少ないですが、熱の伝わり方が他の脱毛レーザー機器と違うだけなので、痛みに弱い方は脱毛レーザー機器を選んでクリニック選びをされたり、麻酔を使って脱毛されるといいですよね🍀

VIOを脱毛すると、不快なムレやムダ毛を気にすることなく下着や水着も自由に選べるようになるし、デリケートゾーンを清潔な状態でキープできるのでオススメです。

また、クリニックでの脱毛を利用すれば、Vラインの処理範囲(形)を調整できます。

逆三角形の自然な形や女性らしい楕円形など、好みの形に整えることができるので、カウンセリングで相談してみましょう☺️

全身脱毛3回3,000円
>>まずは無料カウセリングはこちら
 

2021.03.23医療脱毛・脱毛